ZENガーデン-Z

還暦の変人雑記帳

『シン・ゴジラ』を観て

f:id:hamajaya_ken:20210221104911j:plain

一ヶ月無料お試し視聴中のU-NEXTで、遅まきながら『シン・ゴジラ』を見た。

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

 

圧倒的なリアリズム。まるで実話を見ているかのような政治家の対応ぶりとゴジラの生々しさや建造物の破壊シーン。長谷川博己始め、役者も演技も全体的にハイレベル。

「スクラップ・アンド・ビルドでこの国は立ち直ってきた。今度も立ち直れる」というセリフの後の避難所風景に瞬間的に震えるような激震が走った。

 タイトル通り、神が使わした最大級の試練と危機を象徴する放射性巨大生物・・・としてのゴジラの迫力は、現実的にあの敗戦を引き摺り続けているのでは?と思えなくない「日本人の意識を、〈現実〉に目覚めさせる衝撃」としてはそうだろう。
「機能していない政府」という言葉が印象的。
優れた人材がいないわけではないのに、トップにいる人たちが前半のストーリーで前面を占めるような感じだから、中共の脅威一つに対しても的確な対処ができずに翻弄されているんだろうな、と。

f:id:hamajaya_ken:20210221104955j:plain

日本と日本人を特撮怪獣モノでここまで生々しく描いた脚本・総監督の庵野秀明の才能に感服。と同時に、断片的にエヴァンゲリオンを思い起こすようなところもあり、エンタメとしての楽しみどころも多く、夏に公開される「シン・ウルトラマン」も期待が持てそうな。

shin-ultraman.jp