レッド・ツェッペリンの『 When The Levee Breaks』

70年代ブリテッシュ・ロックの覇者と言えばツェッペリン。ツェッペリンと言えば、『天国へ天国への階段』と言う名曲始め、これぞハードロック!と言う有名どころの曲があるが(移民の歌とか、ホールロッタラブとか)、私的に好きなのが、『 When The Levee Breaks』

 

youtu.be

 

で、Zepparellaと言う女性バンドがカバーしている『 When The Levee Breaks』が、本家に迫るかっこよさがある。

 

youtu.be

 

リマスター版がこれ

youtu.be

 重厚感が違う感じかな。

 

 

ちなみにこの曲は、

レヴィー・ブレイク」 (When the Levee Breaks) は、アメリカの女性ブルースシンガー、メンフィス・ミニーカンザス・ジョー・マッコイとともに作曲し発表したブルース曲。

 だそうです。

 

歌詞の意味:男は洪水によって妻と家を失った. 決壊した堤防の上で男は悲しんでいる. 洪水は大規模で男は家がどこにあったかさえもわからない. 男は故郷と家を離れ,移動しなくてはならない.

 https://web.sfc.wide.ad.jp/~yasu/ja/playing/when-the-levee-breaks.html

 

原曲がブルースナンバーなら弾き語りも可能

youtu.be

 

雨が降り続けたら
土手が決壊するだろう
雨が降り続けたら
土手が決壊するだろう
そして土手が決壊したら
俺には留まるところがない

 

瀬戸際に立つ日本もね、このまま行くと決壊して家も家族も失ってちゃうんだよー。

 

youtu.be

 

かつては日本も武士道の国だったけど、今は見る影も無い。

今のままだと・・・

 

youtu.be

 

家への道を見つけようとして
どっちの方向かわからないとき
気分が悪くならないかい
南に行っても
そこにはするような仕事はない
北に行けばそこには
シカゴがある

 

泣くことはお前を助けない

祈ることはお前を幸福にしない

泣くことはお前を助けない

祈ることはお前を幸福にしない

土手が決壊したら 妻よ、逃げなくてはいけない

 

 こう言う訳もあり

silversack.my.coocan.jp

 

If it keeps on rainin', levee's goin' to break,
If it keeps on rainin', levee's goin' to break,
When the levee breaks I'll have no place to stay.

Mean old levee taught me to weep and moan,
Mean old levee taught me to weep and moan,
Got what it takes to make a mountain man leave his home,
Oh, well, oh, well, oh, well.

Don't it make you feel bad
When you're tryin' to find your way home,
You don't know which way to go?
If you're goin' down South
They go no work to do,
If you don't know about Chicago.

Cryin' won't help you, prayin' won't do you no good,
Now, cryin' won't help you, prayin' won't do you no good,
When the levee breaks, mama, you got to move.

All last night sat on the levee and moaned,
All last night sat on the levee and moaned,
Thinkin' about me baby and my happy home.
Going, going to Chicago... Going to Chicago...
Sorry but I can't take you...
Going down... going down now...

 

このまま雨が降り続けたら、堤防が壊れちまう
このまま雨が降り続けたら、堤防が壊れちまう
堤防が壊れちまったら、もう俺には居場所がねぇ

ちっぽけな古い堤防が壊れて、俺は生まれて初めて泣いた
ちっぽけな古い堤防が壊れて、俺は生まれて初めて泣いた
山男は泣く泣く家を離れたのさ
そうさ、そうさ、そうなんだ

家に帰ろうって時に
どっちに行けばいいのかわからないってんじゃ
気分も悪いだろう
南に下って行ったって
仕事なんかありゃしない
シカゴがあるってのを知ってるだろう

泣いたってしょうがない、祈ったって何にもいいことはねぇ
もう、泣いたってしょうがない、祈ったって何にもいいことはねぇ
堤防が壊れちゃっちゃあ、あんた、他に移るしかねぇだろう

昨日は一晩中、堤防の上で泣いたよ
昨日は一晩中、堤防の上で泣いたよ
俺のつれとあったかい家のことを思い出しながら
行くんだ、シカゴに行くんだ、シカゴに行くんだ
すまねぇ、でもおまえは連れていけねぇ
行くんだ、さあ、行くんだ、(繰り返し)