今日はROCKの日・・・ROCKを左翼から奪回したい、と思った

 

 今日は休日を返上して送迎の仕事に出勤。(急遽入院した職員がいて、自ら出た。真面目、というより執行草船の武士道の世界観に共振して〈仕事〉に対する意識が根本から変わったため)

 車を運転しながらつけたラジオから、

「今日は、6月9日、ロックの日ですね〜」と言うではないか。

う〜ん。そういえば、昨夜、原口一博のけったいなツイートを見て、なんか「ロックを汚さんでほしいわ」と思ったのを思い出した。

 

 

「原口よ、お前がロック言うな」的コメントが多いので、自分の感じた違和感を多くのロック好きも感じたようでその点はよかったのだが、正直言って、アンチ安倍がロックだとか反体制だとか思っている左翼は過去の遺物だと思う。

今や、アンチ安倍などマスコミに洗脳された大衆一般が傾倒している「体制派」である。

原口がロックだと思っているのは、多分世間一般の軽薄なイメージ上のもので、本当のロックリスナーならこんな恥ずかしいツイートはしないだろう。

 

 かつて左翼は「反体制」を言ってたが、今、体制が左翼に感化洗脳されマス・メディアや左翼知識人が世論誘導者となり、反中国、反韓国言うと「人種差別者」とか「ネトウヨ」と言われ、軍国主義者の再来(笑)とか言われる始末で、保守の方がよっぽどロックだ。

保守=ロックといえば、釈量子が幸福実現党を「ロックな政党」と言っていたが、これは同意できる。幸福実現党は新興宗教がバックなのに、日本で唯一のまともな(かどうかわからないが)保守政党である。中国や北朝鮮などによる日本侵略を阻止するために国防強化、自衛隊を国防軍にしよう、と言う当たり前の話が、通用しない国、それが今の日本である。

アンティファの真似をして人種差別ガー、とかデモをする軽薄な連中は多いのに、横田めぐみさんのお父さんの横田滋さんが娘と取り返せないまま亡くなられたことに北朝鮮に怒りと痛みを表明する人々は少ない。

香港の民主化デモを「反中テロ」と歪曲し暴力で弾圧する中国共産党に原口は何か行動したか?(中共と言う長いものの手先になっている奴が何言うか、と)sayokukara

自民党=リベラルで自民の左派は親中。保守とは言えない。それでも立民が極左すぎるので相対的に保守に位置付けられているだけである。

しかし、安倍はそのリベラルな自民党総裁としては、ギリギリ反中国なのかもしれない。安倍を全力で叩き落とそうとしている勢力の背後に中国や韓国の親北左派がいることからそう推測される。

操られるような連中は断じてロックではない。

 

アメリカも今回のアンティファの暴動、略奪などのテロ行為で混乱状態だが、米国内の反米勢力が結構強いことを知らされた感じである。

トランプ再選は際どいとこらしい。社会主義者のバイデンが支持される背景には、若い世代が社会主義思想のおぞましさを知らない、と言う事情もなるようだが、トランプを人種差別者のように煽るメディアは、日本におけるアンチ安倍勢力と同じ、「なんとか陥れよう」といういかがわしさを感じる。

反トランプも反安倍も共に民主党や主要マス・メディアなどの左翼が躍起になっており、左翼は中国などにバックで操られている。

f:id:hamajaya_ken:20200609233942j:plain

ピンク・フロイド『ウィッシュユーアーヒアー』

ロックは馬鹿者の音楽である。それは大衆に背を向けても、自分の生き方を求めて苦悩し続けざる得ない魂の発する歌であり、したがって現在の経済優先だが、保身だか知らないが親中路線を変えられない、エセ平和主義者の左翼に支配された今の日本では、反中国(そして中国の分身である韓国、北朝鮮に親和拒否)を明言することがロックである。

武士道的にもそのほうが正解だと思うのだが。