会話(憲法改正の是非をめぐるトリッキーな事情など)

今日の昼ごはんは、(と言っても2時半ごろだが)、久々にロウカット玄米(玄米の表皮下の固いロウの層を取り除いた玄米で白米のように炊けて、さほど硬さもなく味は白米より美味しい)を炊いて、セブンイレブンの缶詰のハヤシを食べる。野菜は庭のチマサンチュ(けっこう収穫できた)

f:id:hamajaya_ken:20200314143413j:plain

 

安全保障について語った

 

ツイッターで、左派の人からフォローされ、左派界隈のツイートをざっと見て・・・

 

「随分認識が違うんだなぁ」と思った。ある意味、同じ国に住んでいるとは思えないような隔たりを感じるところも。

 

 例えば、憲法9条改正反対、スパイ防止法反対、反原発・・・みたいな。なぜか国防を弱める方向を志向している。(ようにしか自分には思えないのだが)

 

 で、送迎の仕事で同乗してた30代の女性職員に「Mさんの世代だと、憲法9条の改正とか賛成?反対?」と聞いてみた。

 

 ・・・考え込むMさん。(基本的に政治に興味がないMさんであった…)

 

Mさん「改正するとどうなるの?」

H(私)「一応、今の9条だと「戦争放棄」を謳ってるから、相手に攻撃されるまでは反撃できない。先制攻撃もできないな」

Mさん「改正すると何か違ってくるの?」

私「いざとなったら軍事力を行使できるよ、っていうのは外交上は強みだね。例えば、北朝鮮の拉致被害者の奪還とか、実力行使で出来るよって示せば、話し合いでも返還に応じてくれる可能性は高くなる。応じなければ、山間部にでもミサイル打ち込めば、即、返すんじゃないか」

Mさん「戦争になるんじゃない?」

私「相手を上回る軍事力があれば、それ自体が抑止になるからね」

Mさん「日本の自衛隊って強いの?」

私「それなりの防衛能力はあるよ。それに同盟国が世界最強のアメリカだし」

Mさん「そうか…」

 

Mさん「Hさんは、改正に賛成なの?」

H「…いや。改正には野党の反対や時間かかるし、現実的には無理だと思う。でも、今の憲法9条自体が、実は1950年代に修正されていて、閣議決定で、自衛隊を国防軍にすることは出来る、と言ってる人もいて…現実的にはそっちかな。

Mさん「改正しなくても自衛隊を国防軍(軍隊)に出来るんだ?」

H「らしいね。でもその道を蹴ったのは安倍さんなんだけど」

Mさん「ふーん」

H「だからね、安倍さんの〈憲法改正〉はポーズじゃないかな、と。本気で改正しようとは思ってないと思うよ。保守層の支持を引きつけるための見せかけというか・・・」

Mさん「へー。・・・でも要するにHさんは、日本が軍事力を行使できる国になるのは賛成なんだ?」

H「・・・孫子の代まで日本を存続させるには、これだけあからさまな侵略のサインが送られてるわけだからねぇ・・・正常な国家なら国防強化するのが当然だと思うけど」

 

 といった会話をした後で・・・「あ〜、日本は正常な国じゃないんだなぁ」と今更ながら認識した次第でした。(日本が今、正常な国でないのは、歴史認識の問題とか左派思想の侵食(保守の中にも浸透している)、クリアされてない宿痾に引きづられているからだと私は認識している)

 

 整理すれば、こういうことになる。

 

 周辺国に侵略の意図を持って活動中の国がある (保守層の国民は察知している現実だが、野党や左派はなぜかカモフラージュして目の前の現実から目をそらさせようとしている)→ 国防強化は、〈あの戦争〉への道だという洗脳リフレイン

 ↓

 侵略行為を阻止するために国防強化する(日米同盟を強化し、自衛隊を国防軍にし、戦える軍隊にする)← 過去の戦争のような国民を巻き込んだ総力戦をする必要はなく、部分攻撃、台湾防衛などへの協力体制を持つ、ということ

 

安全保障に関しては、たったこれだけのシンプルで当たり前の筋道なのだが・・・これが、「当たり前にできない」ところに「日本の現状が正常でない」状況がある。(政治、マスメディア、知識人・・・)

 

日本が戦える国 に生まれ変わるには、それが〈過去の戦争を繰り返す道ではない〉ことを国民が納得する(洗脳から解放される)必要がある。

 

 戦い、という言い方をするなら、誤った固定観念を、邪な意図で刷り込んでいる勢力と戦い、国民がまともな眼で現状を認識できるようになれば済むのではないか。

 

 反日左翼のウジャウジャとした実態とか、保守を偽装する言論人のおかしさとか、白日の元に晒せば塩をかけたナメクジのように消滅する。(と思うのだが)

 

 ついでだが、日本人が「自分たちの生命、財産、自由を奪おうとする国に対しては戦ってでも守るからね」という意志を見せるだけで、中国共産党(言っちまった)とか、萎えると思うんですけどね。

 最大の防衛は、今現在の自分、家族、そして自分たちの子孫の平和と自由を守る意志を明確に形にするか否か、ではないかと。

f:id:hamajaya_ken:20200314151149j:plain

 追記 : 自衛隊を軍隊にする必要があるのは、軍隊でないと国際法の軍法が適用されないので、戦闘で人が死んだ時に、普通の法律でしか裁けないとかの弊害もあるかな、という話も出た