冠岳トレッキング下見

トレッキングをしたい、


と思い、近場の『冠岳』に登ってみようと思い、昨日、下見に行った。

(今日は一日中雨で、昨日は風は冷たかったが天気は良かった)

 

f:id:hamajaya_ken:20200207171448j:plain

冠岳

冠岳の最高峰山頂は奇妙な形をしている。左の切り立った西岳(西嶽とも書く)が登ってみようと思う山である。

 

西嶽(にしだけ)は標高516m、冠嶽連山の最高峰。2.200年前、徐福伝説の地でもある。

調べてみたところ、山頂には簡素な神社があるようで(西嶽神社)、祭神は速素盞嗚命(須佐之男命)である。大本系では、スサノヲを重視しているので「ほう」という感じである。

 

 

三代目フォレスターで山道を登っていくとなぜか、ポニーと牛が草を食んでいる・・・

f:id:hamajaya_ken:20200207172906j:plain

冠岳のポニーと牛

f:id:hamajaya_ken:20200207173402j:plain

f:id:hamajaya_ken:20200207173220j:plain

 

 

 

ポニーと牛を後に、目指す冠岳展望公園へ。

 

f:id:hamajaya_ken:20200207173104j:plain

 

到着。

f:id:hamajaya_ken:20200207173739j:plain

 

展望公園からの風景。

f:id:hamajaya_ken:20200207173839j:plain

冠岳展望公園

展望公園から見下ろした街並み・・・というより圧倒的に山が多い。

f:id:hamajaya_ken:20200207174027j:plain

 

f:id:hamajaya_ken:20200207175303j:plain

 

 

金峰山が金色の海の向こうに・・・

 

この公園の駐車場に車止めて、登山する模様。トイレもあり、入山届の用紙もあった。

500メートルとは言え、山の空気で、雲が近い。

 

f:id:hamajaya_ken:20200207175235j:plain

 

せっかくなので、試しに山道を歩いてみたところ、参道が有り、お寺に行き着いた。

参道は寒く、耳が痛くなるほどだった。(登山時は耳が隠れる毛糸の帽子とかいるかな、と思いつつ)冷気というのか霊気というのか。

 

f:id:hamajaya_ken:20200207180911j:plain

寺社にはヤタガラスの紋章・・・

高野山系?

 

袈裟を着たお坊さんがいたので聞いてみたら真言宗ということで空海関係である。

神仏習合の歴史。

f:id:hamajaya_ken:20200207180318j:plain

山を御神体にしている感じである。それにしてもこの山頂に登れるの?

 

 

f:id:hamajaya_ken:20200207181400j:plain

 

霊山と言われ、修験道の地でもあった冠岳。

手軽なトレッキング・・・のつもりで下見に行ったがなにやら神気漂う場所で、これはちょっと心して登らねばならんかな、と思ったのだった。

 

f:id:hamajaya_ken:20200207182426j:plain

寒さに耐える桜の蕾

 

f:id:hamajaya_ken:20200207182644j:plain

車の中で一休みして山道を反対側へ降りるが、対向車がすれ違えない細道だったな。